雨どい交換修理、DIYで出来る簡単作業 - kensproblog
PR

雨どい交換修理、DIYで出来る簡単作業

生活

カーポート、ベランダ、テラスなどで雨漏りしていませんか。。

雨の日じゃないとなかなか気づかないかもしれませんが、ほとんどは経年劣化によるものです。

雨どいやジャバラが劣化で割れていたり穴があいて雨水が漏れています。その部分だけ簡単に部品交換できるお役立ち部品の紹介です。

スポンサーリンク

カーポート、テラスの雨どい(丸じゃばらジョイント)

カーポート、テラスやベランダに雨どいにジャバラが付いているのをご存知でしょうか?最初から付いているものですから気がつかないかもしれないですね。

約20年も経てば経年劣化して無くなってるってこともあるかもしれません。破損して残骸が残ってたら気づくと思います。そもそも屋根からの雨水を雨どいをつたって下に流す時にこのジャバラが活躍しているのです。

この写真みたいなやつですね・・・

気づかずにいた方もいらっしゃるのでは・・・こちらはベランダですが、カーポートやテラスにも付いています。一度確認してみてください、破損していると雨水が漏れていたりしています。

スポンサーリンク

交換は簡単

メインの雨どいに上部はネジ2本で固定されています。下部は落とし込みのとゆの中に入っているだけです。

現状のジャバラをメインの雨どいから外します(ネジ2本を外して軽く手前に引けば外れます)そして古いジャバラを外します。

あとは新しいジャバラを接続するだけです、接続時は内側に雨どい用のボンドを使用してください。カーポートなら背丈くらいの位置にあると思いますが、ベランダやテラスは2階のところも多いと思いますのでくれぐれも交換作業の時には転倒など注意が必要です。

←2本のプラスネジ 

雨どい用ボンド

スポンサーリンク

2種類(37型、42型)とカラーは4色

サイズは2種類あります。外径のサイズで大きさが決まっているようです。37型と言うのは外径が37mm(37φ)と42型と言うのは外径が42mm(42φ)です。長さは約40cmです。軒といと縦といを繋ぐのに適している長さです。長ければ縦といの中に収めることもできます。色は4色あるようですが今回使用したものは下段の42型でこちらはブラックとブロンズの2種類です。

スポンサーリンク

まとめ

雨の日は何かとジメジメして嫌なものですね。そんな時、ベランダやカーポートのとゆから雨水が漏れていたりするとうんざりしてしまいます。

雨どいの破損はもちろんジャバラのジョイント部分が経年劣化など補修は欠かせません。そんな補修をDIYで簡単にできますし、業者を呼ぶより断然安くできます。DIYには自信がない方にもできちゃいます。ホームセンターで私も最初は探していたのですが見つからず2、3店舗探して見つけましたが、セキスイの製品が置いてありましたが1個約2000円・・・2個だと約4000円か・・・自宅は2箇所破損していたので約4000円・・・他にものは無いかと同じようなジャバラを探しました。洗濯用のホースや流しのホースどれも似ているのですが・・・価格は安価でしたがこれくらいの価格でと思ってたので考え込んでしまいました。

帰ってネット検索でこの商品を見つけました。私が思っていたコストパフォーマンスな商品です。もちろん安価だからといって品質に問題ありませんキレイに取り付けできました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました