コロナ禍で転職リモートワークが注目の時代へ - kensproblog
PR

コロナ禍で転職リモートワークが注目の時代へ

お役立ち

コロナ感染者も一時のことを思えば少なくなりました。

しかし最近は円安の状況もでもあり市場は厳しいものです。

早いもので3年目になる今日この頃、コロナで仕事も激減し飲食店や大型施設も休業を迫られたときもありましが、現在ではようやくイベントなども行われるようになりコロナ前に戻りつつあります。

コロナの影響で仕事が激減、解雇や廃業などに直面している方も多くいらっしゃることでしょう?

私もその一人なのです。こちらではリモートワークなど転職に関する情報を簡単にご紹介します。

スポンサーリンク

仕事がなくなった・・・

コロナウイルスがここまで酷いことになるなんて誰も思ってなかったですね。

私は国際空港で働いておりました。もちろん当たり前ですが外国の方も多く利用されていました。特にアジア系中国の方が多かったです。

2020年の1月位からは徐々に中国人観光客も減ってきました、そうですコロナです。すぐに国際線の往来は規制され外国の方が日本に来ることはできなくなりました。

国際空港もガラガラです、というよりも誰もいないと言ってもいいくらいでした。空港バスの関係の仕事をしていた私もだんだんと業務が減っていきました。少なくてもどうにかこうにか業務していたのですがやがて休業になり週に2日ほどの勤務に。。もちろんお給料も急降下です。このままでは正直やっていけませんのでアルバイトなどして食いつなぐしかないと2つほどアルバイトしましたが都合も合わなくて大変でした。

1年ほど続けましたが遂に会社から希望退職を募られました。ある程度そういうことも視野に入れていましたが本当になるとは・・・

転職も厳しいですし、このままいても仕方ないと決断しました。コロナの影響を受けた方も少なくないと思います。飲食関係の方も特に厳しい状況だったと思います。

現在は少しは求人なども回復してきていると思われます。

野球選手でもいつ戦力外通告を出されるかわからないですしねっ。よく似たものかも知れないですね。

スポンサーリンク

仕事を探す、転職活動、在宅ワーク

スマホで求人を検索してみるが思うものが見つからない、ハローワークにも登録し雇用保険を申請。ハローワークで検索してみるも仕事の量はあるが求人数が1人や2人がほとんど・・・

出来る仕事出来ない仕事もある中で選択は正直難しいです。

コロナ禍や年齢など状況は厳しいことは承知していたがさすがにめげる・・・こうなればいろんな求人を探してみるしかないと決意した。自分に合いそうだと履歴書や職務経歴書を郵送するが簡単には書類選考も通らない現実。

リモートワークも当たり前の時代にリモートワークも視野にこんな求人を見つけました。

デザイナー、システムエンジニア等は勿論のこと、 そのような特別な「スキル」がなくても、 フルリモートでできるお仕事はたくさんあります。 特にコロナ渦の中、オンライン営業が活発化され、 多くの企業様は「リモートワーク」でのチーム構築を進めております。 「ReWorks(リワークス)」はフルリモート求人に特化した、転職サイト。 リモートワークで「正社員(フルタイム勤務)」を希望する皆様なら、 是非ご登録ください。

専門的なスキルが無くても、フルリモートで正社員を目指せます【ReWorks(リワークス)】

スポンサーリンク

解決するには・・・

コロナ禍で、仕事量が激減し給料が下がったり、会社が廃業になりやむを得ず転職するしかない、会社規模縮小で人員整理にあったりといろんな環境で転職を余儀なくされている方は非常に多いと思います。

私もアルバイトに行ってましたがコロナで収入が減ったのでにアルバイトに来たという方も多く聞きました。

短期間でコロナが収束して以前のような仕事量が戻ってくるのでしたら少しの我慢で乗り越えれると思いますが、既にこのような状況が3年目に入り、落ち着いてきているようにも思いますがなかなか収入は増えません。

見切りをつけて新たに前に進むのが得策とは言いませんが決断しないといけない方もいらっしゃるので少しでも共有できればと思い私の経験をまとめてみました。

転職というと、ハードルが高そうなイメージですが、「在宅の仕事」に興味を持たれた方なら、誰でも大丈夫です!

コロナ禍での働き方改革や、ご家庭の事情で在宅でお仕事をされたい方におすすめだと思います。自分の出来ることを整理していろいろアタックしてみてください。

営業、マーケティング、経理、タイピング、企画提案などあなたが得意とする能力を活かしてチャレンジしてみては?

未経験者への研修制度が充実!フルリモートで働けるお仕事への転職なら【ReWorks(リワークス)】

コメント

タイトルとURLをコピーしました